トップページ > ネット銀行の金利について
ネット銀行の金利について

一般銀行に預貯金をしていても、金利を楽しみにしている方はほとんどいないのではないでしょうか。日本は世界の中でもトップレベルの“最低金利国”として有名です。

一般銀行に預貯金をしても、ついてくる金利は1%にもはるか及ばない0.05%程度のところが多いようです。

しかし、ネット銀行では、一般銀行と比較すると金利も高く、0.20%〜0.3%程度と、一般銀行に預金する場合と比べると4倍から6倍と、かなり嬉しい金利です。金利に6倍の差があるということは、受け取る利子にも6倍の差がつくということです。この差は大きいですよね。

なぜネット銀行では高金利なのでしょうか?ネット銀行は店舗がありませんから、人件費や建物維持費などのコストがかかりません。

そのため、ネット銀行の経営や運営自体にかなり節約することができるので、顧客に高い金利を提供して還元してくれる事が可能なわけです。

ネット銀行の中には、支店はなくても本店を持っている銀行もありますが、その場合でも一般銀行のような仰々しい建物ではなく、社員達が働くためのオフィス、という感覚でデザインされている本店の場合が多いようです。

また、日本だけではなく世界中が大不況の現在でも、ネット銀行の金利は、非現実的なほどに高金利を問題なく維持しています。不況にも影響を受けないネット銀行では、不況をものともせずに、いろいろな高金利キャンペーンなどを随時行っていて、右肩上がりに顧客数を延ばしています。

貯金を始めるのに有利な銀行を使おう!
 
Copyright © 2007 ネット銀行ランキング 【 定期預金・金利比較など 】 . All rights reserved