トップページ > ネット銀行と一般銀行との違い
ネット銀行と一般銀行との違い

最近とても人気があるネット銀行は、一般銀行とはどのように違うのでしょう?

一般銀行の場合には、口座開設をする際にも銀行の窓口に行って開設をしますが、ネット銀行の場合には、ネット上で口座開設の手続きをすることになります。

ネット上で口座開設の手続きをするとはいえ、やはり犯罪防止のために本人確認をする必要がありますから、ネット上で口座開設の手続きをしたら、ファックスもしくは郵送で本人確認のための書類をネット銀行に送り、本人確認が取れたら晴れて口座開設となります。

ネット銀行は、本店や支店のように足を運ぶ銀行はありません。そのため、入金や出金などの作業は、それぞれのネット銀行と提携している銀行などのATMを使うことになります。

郵便局やコンビニのATMなど、利用しやすい場所が設定されている事が多いのも、ネット銀行のメリットと言えるでしょう。

ネット銀行の最大のメリットは、やはり振込みがネットで楽々にできるという点があります。

一般銀行の場合には、振込みをする場合には銀行に足を運んで整理番号を受け取り、長い間待たなければいけませんね。

しかし、ネット銀行はリアルタイムで自宅のパソコンから振込みをすることができるのでとても便利です。また、手数料が安いという事も大きなポイントです。振込みをすることが多い方や、入出金をこまめにチェックしたい方などには、ネット銀行はかなりおススメです。

一般銀行と比べて金利も良いので、増やすという目的でもお勧めですね。

貯金を始めるのに有利な銀行を使おう!
 
Copyright © 2007 ネット銀行ランキング 【 定期預金・金利比較など 】 . All rights reserved