トップページ > 注文を出したときのレートと実際の約定レートに差がでること
注文を出したときのレートと実際の約定レートに差がでること

FXでいう外国為替証拠金取引では、注文が約定するときに、指定した為替レートの値段と実際の約定価格がずれることがあります。この幅がスリッページと呼ばれるものです。スリッページの具体的な例でいいますと、ストリーミング注文と呼ばれる、いわゆる成り行き注文の場合には、業者が表示する刻々と変わる為替レートをクリックして売買する方法でオーダーを出したときに、注文を出したときのレートと実際の約定レートに差がでる、その差分のことをいいます。本来はディスプレー上で表示された数字のときにレートをクリックすればその金額の売りもしくは買いの価格で約定すべきところが、スリッページのおかげでずれてしまうという事態になるのです。これは通常はストリーミング注文(成り行き注文)の時に発生しやすいのですが、逆指値注文にも発生することがあり要注意となります。業者を比較する上で、スリッページの幅にも注意しているトレーダーはたくさんいます。みなさんも是非注目してみましょう。

貯金を始めるのに有利な銀行を使おう!
 
Copyright © 2007 ネット銀行ランキング 【 定期預金・金利比較など 】 . All rights reserved