トップページ > ネットバンクとしての楽天銀行について
ネットバンクとしての楽天銀行について

最近、楽天銀行の口座を開設しました。他にもネットバンキング機能のある別の銀行の口座を持っていますが、新たなネットバンクの口座として追加したのでした。

理由は、ランサーズというクラウドソーシングサービスを利用していて、楽天銀行のみ振込手数料が安かったからです。

ネット通販の楽天が母体になって運営していて、楽天クレジットカードもあり、銀行カードと一体になったカードが発行されました。いろいろとキャンペーンがあるらしく、例えば給与振込口座に指定すれば楽天のポイントがつくなどの利点があるようです。

楽天銀行に関して、やや不満な点としては、楽天の場合には完全にネットに特化していて、ATMは自社のものは保有していないらしく、現金の引き出しの際の手数料がやや高めであると感じます。おそらく、他行のATM設備を借りているという意味で、そのような手数料の設定になっているのではないかと推測されます。

楽天系のサービスなどインターネット上のサービスをよく利用する人にとっては楽天銀行は良いと思います。が、あまりネット上でのお金のやりとりはせず、従来通り銀行にお金を預けたり、ATMでおろしたりということを中心に利用する人にとっては楽天銀行である必然性はないと思います。むしろ支店やATMの数が多い銀行を使うほうが便利だと思います。

貯金を始めるのに有利な銀行を使おう!
 
Copyright © 2007 ネット銀行ランキング 【 定期預金・金利比較など 】 . All rights reserved