トップページ > 補償内容が保険によって違います
補償内容が保険によって違います

近年、日本だけでなく世界中で様々な自然災害が起きています。特に最近では地球温暖化などの影響で猛暑や豪雨などの異常気象が各地で起こっており、甚大な被害が報告されている地域もあります。そんな自然災害や突然の事故などで生じた損害を補償してくれるのが損害保険です。略して損保とも呼ばれています。損害保険は損害保険会社が取り扱っている保険で、様々な種類があります。自賠責保険や自動車保険、火災保険、地震保険、傷害保険など、交通事故と自然災害に関係した保険を扱っています。また、ペット保険も損害保険の一つです。他にも、貨物保険や船舶保険などもあり、海に関係している為、マリン分野と呼ばれています。これに対し、自動車保険や火災保険はノンマリン分野と呼ばれています。損害保険は契約タイプによって保険金が支払われなかったり、地震・津波・噴火による損害は火災保険ではなく地震保険で補償されたりと、補償内容が保険によって違いますので注意が必要です。ですので、契約している損害保険がちゃんと補償してくれるのか、保険会社や代理店に問い合わせる事をお勧めします。

貯金を始めるのに有利な銀行を使おう!
 
Copyright © 2007 ネット銀行ランキング 【 定期預金・金利比較など 】 . All rights reserved